3日間のデトックスでエネルギーを再生しよう

体の中に毒素が蓄積すると、疲労感などの体調不良を引き起こす。

そんな体内を浄化し、活性化してくれるのがデトックスである。

長めの週末を利用するか、毎日の生活を少しスローダウンして、ヨガのシークエンスとシンプルな食事の3日間デトックスをやってみよう。

思考が明晰になり、心身が生気で満ちてくるのを実感するに違いない。

 

デトックスによって、創造的なひらめきやいろいろな感情が湧き出てくることがある。

ヨガマットの横に日記帳を置いておき、練習中に浮かんでくる感情、思考、アイデアなどを書き留めるようにしよう。

頭をスッキリさせるために、少なくとも5分間は座位か仰向けの姿勢で瞑想をしてから始めるように。

呼吸をしながらリラックスする。

体を観察して緊張している部分を見つけたら、その緊張を受け入れ、そのままにしておく。

リラックスした状態で、起こっていることを感じ取る。

心と体の変化を見逃さないようにして、そのままさらに深い状態へ導いていこう。

 

そろそろ体を動かしてもよいと感じたら、アンジャリ・ムドラ(礼拝の印相)で合掌し、練習の目的を定める。

例えば、自分の存在全体を養生するというように。

好きな太陽礼拝を数回やってみてもよい。

浄化作用によって最初はいつもより活力が感じられないかもしれないので、体の欲求には十分注意を払うこと。

太陽礼拝をやりたくなければやらなくてもOK。

すぐにメインのシークエンスを始めてもよいし、最後の回復ポーズだけをやっても構わない。

この練習は、デトックス期間中、毎日少なくとも1回は行うこと。

長めの週末を利用するか、毎日の生活を少しスローダウンしてデトックスをしよう。