7.ヴィパリータ・カラーニ/Viparita Karani

【足を壁に上げるポーズ】

ボルスター(もしくは折りたたんだブランケット)を壁から10センチほど離して、壁に対して平行に置く。

左腰を壁寄りにしてボルスターの端の上に座る。

両手で体を支えながら、ボルスターの上に背中を預けて、足を片方ずつ壁に上げる。

お尻は壁に近づけたまま保つ。

壁から離れてしまったら、膝を曲げ、足で壁を押して体を少しずつ近づけていく。

骨盤の後ろ側と腰がサポートの上にのり、坐骨と尾骨は床に下がっているのが理想的。

(ハムストリングスと背中が硬い人は、お尻を壁から離して足が斜めになっても構わない)

目の上にアイピローを置く。

完全に力を抜く。

片方の手を胸に、もう片方の手をお腹の上に置き、体を落ち着ける。

呼吸の上下を観察する。

数分間ポーズを保つ。