4.サラバーサナ/Salabhasana

【バッタのポーズ】

腕は体側に、手のひらは下向き、あごを床に付けて腹ばいになる。

息を吸って頭のてっぺんからつま先まで体を伸ばす。

息を吐きながらコア(体幹)を引き締め、恥骨へと押し下げる。

次の吸う息で、脚、腕、頭を床から引き上げる。

腕は体側に置いたままでもよい。

この体制で5呼吸ホールドする。

内蔵をマッサージするように、お腹まで深く呼吸する。

息を吸う時には体をさらに少し持ち上げる。

履くときは体をリラックスさせて、呼吸の感覚によってより深い体験へと導くようにする。