2.パールシュヴォッタナーサナ/Parsvottanasana

【体側を強く伸ばすポーズ】

タダーサナ(山のポーズ)から、右足を1メートルほど後ろへ引き、外側に回転させておよそ45度の角度をとる。

両足はまっすぐに保つ。

腰を手に当て、体側に沿って胴体を伸ばす。

次の吐く息で前足の上に胴体を前屈させる。

肩幅で両手を床(必要な場合はブロック)に置く。

内蔵が圧迫され、息を吐くたびに毒素が絞り出されていくことを想像しながら、5呼吸する。

このポーズを解いたら、ダウンドッグに戻り、体内から毒素が流し出されていくのをイメージする。

反対側も同様に繰り返す。