ヨガをする人のデトックス

デトックスを始める1週間前に、自分の食習慣を観察してみよう。
食べているものを書き出してみるとよい。
デトックスに入る数日前に、カフェイン、砂糖、チョコレートなど、デトックス期間中に避けるか、制限したいものを3つ選ぶ。

そして、その悪玉の代用となる健康に良いものを用意しておく。
単に食品を除去するだけでは欠乏感に苦しみかねない。

デトックスをする3日間は、自然食品、穀物、果物、野菜だけを食べ、刺激物は一切摂取しないこと。
体に休息を与え、肝臓の負担を軽くし、腎臓と副腎を浄化し、消化力を向上させるためだ。

肉を食べる人は、3日間は肉抜きのベジタリアン食か、植物性のものだけを食べるヴィーガン食を試してみよう。
すでに自然食品中心のバランスのとれた食事をしている人は、穀物と豆類の摂取量を減らし、野菜、果物、ジュースだけを摂るようにする。

ここで紹介するメニュープランは、誰が試してみても良いもの。
スープや穀物は数回分をまとめて調理すれば、すぐに食事ができる。

血中糖度に注意しよう。
およそ90分おきに何かを食べたり飲んだりすると、浄化期間中のバランスを維持しやすい。
レモン水、ハーブティー、フレッシュなココナッツウォーター、麦の葉ジュースなどがよい。

きつい制限食でも3日間あればやりやすいという人は多い。
何日も何週間も続けれられる人もいるが、あるとき突然、何かが起こり、脂っこいものや甘いものが欲しくなる。
こうした欲求が忍び寄ってきたら、体が脂肪を必要としているという正当な欲求なのか、単なる習慣上の欲求なのかを自分で確かめる。

「このデトックス中に学んだことは何か?」
「日常生活に取り入れたい食べ物は何か?」
「どうすれば、こういう欲求を健康的に満たすことができるのか?」

と、自分自身に問いかけてみよう。

ヨガにデトックスを組み合わせることで、体内の浄化をし、活性化してくれる。
ヨガのシークエンスとシンプルな食事で3日間のデトックスにチャレンジしてみよう。
関連サイト:ホットヨガLAVAの体験予約はこちら

http://www.yogashelter.net/