デトックスを補完する食べ物

デトックス中にコーチゾルを抑える別の方法として提案しているのは、カフェインなどの刺激物と、砂糖やシンプルな炭水化物を避けることである。
体は、砂糖や炭水化物を砂糖の別形態であるグルコースに変換する。

カフェインを大量に摂取すると、コーチゾルのような体内の刺激物に反応しにくくなる。
カフェインの興奮効果が終わった途端に、急な落ち込みにおそわれ、疲労を感じることは珍しくない。

同じことは砂糖を摂った後にも起こる。
食後一度上がった血糖値が加工すると、体はストレスを感じ、元気を取り戻そうと余分にコーチゾルを分泌させる。
一日中、砂糖とカフェインを摂取し続けると、コーチゾルの分泌量の増加につながり、自然の排毒作用が弱まってくる。

デトックス期間中は、カフェインと砂糖に替えて滋養に富んだ食品を摂り、旬の野菜や果物中心の食事を守るようすすめている。
欠乏による頭痛を助ける為には、デトックスを行う数日前から刺激物の摂取を段階的に減らしてくこと。
浄化作業に入る前に、移行期間を十分にとることが肝要。

デトックスの前後に、体と心を徐々に慣れさせていくこと。
デトックスが終わってからどうするか、日常生活に何を取り入れるのかについて、じっくり考えなければ、すぐに以前の習慣に後戻りしてしまうでしょう。
デトックスというのは、やる気を出させ、新たにスタートを切るきっかけなのです。

デトックス中の食事内容が、その後の食事を変えようという強い動機になることに驚くかもしれない。
誰でも、わずか数日間で体と心にその違いを実感できるのです。
実感できると、それを維持したくなるのです。